ブログ

業務にまったく関係ない、映画の感想など趣味に関するブログです(毎週金曜日に更新)。

過去のブログは、こちら

ブログ一覧

金曜シネマ倶楽部(R15は仕方ないかな)

「大人の恋は、まわり道」(公開中)


かつては年末になると「男はつらいよ」が映画館にかかっていたなぁ

というわけで、せわしない年の瀬にぴったりの肩の凝らないコメディ映画のご紹介

フランクは見た目はハンサムだが偏屈で「運命の出会いなんてない!」と思い込んでいる恋愛恐怖症
一方、リンジーも美人だが失恋から長年立ち直れず「彼氏いない歴」を更新中
空港で出会った二人はお互いに嫌悪感を抱きののしり合いが始まるが、同じリゾート結婚式に招待されていることを知る
反発しあう二人だが、思いがけない展開がおとずれて・・・

良い意味で「お約束どおり」のパターンが心地よい
ほとんどフランクとリンジーの会話でストーリーは進み、実は、主役のキアヌリーブスとウィノナライダーの二人だけしかセリフがないという面白い趣向になっている
「なかなか恋愛に踏み出せない」とか「恋愛は面倒だ」などという人が増えているそうだが、そういう人たちにぜひおすすめしたい映画である
(「やっぱり恋愛は面倒だ!」と思っちゃうかもしれないけど)

ところで、リンジーがフランクを「窃盗!」とののしるシーンがあるのだが、ブラックジョークにもほどがある
笑っちゃったけど
(意味が分からなければスルーして)

2018年12月14日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末、「クィーン」のCDを聴きまくることになる1本)

「ボヘミアン・ラプソディ」(公開中)


EU離脱問題で、イギリスがドタバタしている
(おっ、前回「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」とまったく同じ書き出しだ)

というわけで、1971年にロンドンで結成された伝説のバンド「クィーン」の

ヴォーカル、フレディマーキュリーの半生を描いた作品
複雑な生い立ちと容姿に対するコンプレックスに悩んでいた青年フレディ
彼は、ヴォーカルが抜けたばかりのバンドに新メンバーとして加入し、圧倒的なパフォーマンスを見せる
そして、バンド「クィーン」は革新的な楽曲を次々と繰り出し、その人気は頂点に達する
しかし、華やかな成功の裏で、フレディは孤独と戦い続けていた
そして・・・

1991年に45歳の若さで亡くなったフレディマーキュリー
彼の成功と苦悩を名曲の誕生秘話を織り交ぜながら見事に描いている
フレディやバンドメンバーを演じる俳優も
「よく見つけてきたなぁ」
と感心するほど本人とそっくりである
そして劇中流れる「クィーン」の楽曲の素晴らしさは言わずもがな
ラストのライブシーンは圧巻の出来だ
ぜひ映画館で観るべき映画である

おすすめ!

ところで、困ったことに
「We Will Rock You」の
あの「ドンドンパッ ドンドンパッ」が頭から離れないわさ

2018年12月7日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末、「オースティン・パワーズ」の方を観たくなる1本)

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」(公開中)

 

EU離脱問題で、イギリスがドタバタしている

 

というわけで、こちらはイギリス情報部員の珍騒動を描くドタバタ映画

 

MI7がサイバー攻撃に遭い、現役情報部員のデータが流出
この事態を収拾すべく、引退した情報部員のジョニーイングリッシュが現役に復帰する
時代遅れのアナログ情報部員は、果たしてイギリスを救えるのか?

 

2003年公開の第1作からなんと15年ぶりのまさかの続編である
Mr.ビーンでお馴染みのローワンアトキンソンが、相も変わらず「あの調子」を繰り広げる
本家「007シリーズ」のパロディは前作同様に満載で、今回は「ピンクパンサーシリーズ」のクルーゾー警部のオマージュも盛り込まれている
古くさいとかマンネリだとかを通り越して、もはや伝統芸能の域か?
なんとなく、「昔のドリフのコントを今見ても笑えない」のと同じ哀愁が漂う(あくまでも個人の感想)
ただ、映画館内に一人だけげらげら大笑いしている人がいたのが救いか?
(客は自分を含めて5人だったから、20%の爆笑率だ!)
かなりはっきりと好き嫌いが分かれる映画
お暇ならどうぞ!

ローワンアトキンソン、ごめん

2018年11月16日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita