金曜シネマ倶楽部(リメイク版はどうなのかな?)

「ウエスト・サイド物語」(1961年)


今年のアカデミー作品賞にノミネートされている「ウエスト・サイド・ストーリー」は往年の名作を巨匠スティーブンスピルバーグがリメイクしたもの

というわけで、そのリメイクされた方のこの映画(前回と同じパターンだ!)

舞台はニューヨークのマンハッタン
そこでは、非行少年グループのシャーク団とプエルトリコ系の非行グループのジェット団が敵対していた
しかし、シャーク団の元リーダーのトニーと、ジェット団のリーダーの妹のマリアが恋に落ちる
二人の恋の行方は?

「ロミオとジュリエット」を元に作られたブロードウェイミュージカルを映画化したこの作品
日本では劇団四季で上演されたり、ブロードウェイ版がたまに来日して上演されている
実は、四季版も来日ブロードウェイ版も観たことがあり、本作品はDVDで持っている
舞台も映画も何度も観たことがあるのだが、毎回それなりに楽しめるのは、やはりレナードバーンスタインの音楽が素晴らしいからなのだろう
しかし、なぜ50年後の今、スピルバーグがリメイク版を作ったのかが分からない
観れば分かるのかな?
来月のアカデミー授賞式までには観ようかな?
(実は、前回紹介の「エール!」のリメイクの「コーダ あいのうた」もまだ観ていない)
(というか、作品賞ノミネート作品は、まだひとつも観ていないぞ!)
にもかかわらず、前回と同じセリフでしめておこう

今年のアカデミー賞授賞式は見逃せないぞ!
(なんか嘘っぽいなぁ)

2022年2月25日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(リメイク版を観る前に)

「エール!」(2015年)


今年のアカデミー作品賞にノミネートされている「コーダ あいのうた」はフランス映画のリメイクとのこと

というわけで、そのリメイクされた方のフランス映画を観てみた

フランスの片田舎で酪農を営むベリエ家は、長女のポーラ以外、両親も弟も聴覚に障害を持っていたが、何事にもオープンで明るく仲の良い家だった
ある日、ポーラは、その歌声に才能を感じた音楽教師から、パリの音楽学校のオーディションを受けるよう勧められる
しかし、パリに行くには家族と離れなければならず、ぎくしゃくするベリエ家
歌手になる夢を家族に理解してもらいたいポーラだが、彼らはポーラの歌声を聴くことができない・・・

聴覚障害がメインテーマのようにみえて、実は家族の成長の物語である
笑いあり、涙あり、そして少し元気になる(かもしれない)映画といえよう
リメイク版の「コーダ あいのうた」は「オリジナルを越えた」という評判もあるという
見比べてみるのも一興かもしれない

おすすめ!

ところで、同じく今年のアカデミー作品賞にノミネートされている「ウエスト・サイド・ストーリー」もリメイク作品
「リメイク映画はノミネートどまり」と言われるアカデミー作品賞だが、過去には「ディパーテッド」という受賞歴もある
日本映画として初めて作品賞にノミネートされた「ドライブ・マイ・カー」は大穴狙いか

今年のアカデミー賞授賞式は見逃せないぞ!

2022年2月18日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(今年の賞レースの行方は?)

「ダイアナ:ザ・ミュージカル」(2021年)


アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰するゴールデンラズベリー賞(通称「ラジー賞」)という悪ふざけ

そのラジー賞に複数の部門でノミネートされているこの映画

おとぎ話のような結婚で皇太子妃となったダイアナ
二人の王子をもうけたが、夫のチャールズとは別居状態となり・・・

故ダイアナ妃の半生を描いたミュージカルである
ストーリーはご承知のとおり酷いスキャンダルなのだが
テンポが良く、楽曲も言うほど悪くはない
ダイアナ役のジーナデヴァールもなかなか良い
(ラジー賞では、最低主演女優賞にノミネートされているが)
日本で舞台公演があったら観に行きたいと思うけどなぁ
果たして本作はラジー賞を受賞するのだろうか?
ちょっと気になる

ところで、今年のラジー賞では、1年で8本の映画に出演したブルースウィリスに対して
「2021年映画のブルースウィリスの最低演技賞」という特別部門が創設されたという
ラジー賞、嫌いじゃないです

2022年2月11日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末、太宰を読みたくなる?1本)

「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(2020年)


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、源平合戦の緒戦が始まった

というわけで、同ドラマで頼朝演じる大泉洋と政子演じる小池栄子が偽夫婦となるこの映画

何人も愛人を持つ田島は、愛人たちと別れることを決意する
優柔不断な彼は、愛人との別れ方を友人に相談すると、美人の妻を連れて愛人に会いに行って別れを告げるようアドバイスされる
そこで田島は、偽の妻として永井キヌ子という女を雇い、計画を実行する・・・

太宰治の遺作「グッド・バイ」を劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチが舞台化した作品の映画化とのこと
登場人物の誰にも感情移入できない不思議な映画
ストーリーというよりも
大泉と小池のかけあいを楽しめるかどうかが作品の評価の分かれ目かもしれない
2015年の舞台版を観てみたかったなぁ
という感想なり

ところで、大河ドラマの方の大泉と小池の評判はどうなのかな
個人的には歌舞伎勢、特に板東彌十郎が面白いんだけど
皆さんはいかが?

2022年2月4日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita