ホントに歩く日光街道⑤

9月29日(土)

多少の雨でも日光の紅葉に間に合いたくて強行軍を決行!
強い気持ちで朝9時前に前回ゴールの古河宿を出発したが、やはり天気が悪いとテンションも上がらず、お昼前に間々田駅であっさりと終了

「だって雨が本降りになりそうだったし、台風も近くまで来ているし」(言い訳タラタラ)

こんな調子じゃ「紅葉の中でゴール!」なんて無理だな

ところで、日光の紅葉っていつ?
もう始まってるってことない?

2018年10月5日 | カテゴリー : 趣味 | 投稿者 : morita

ホントに歩く日光街道④

9月23日(日)
暑い季節を避け、4か月ぶりに街道旅を再開
前回ゴールの栗橋宿を午前9時過ぎに出発
利根川を渡り茨城県に突入
中田宿を過ぎ、順調に歩いて午前11時過ぎには古河宿に到着
「休養たっぷりだし、今日は余裕の旅だな」
と油断したのか
街道沿いにある武蔵屋でうなぎの昼食をとるが、うっかりビールを飲んでしまい、今回はここで強制終了
たったの8キロで終わり?
ホントは、10キロ先の間々田宿まで行く予定だったが、不覚!
「飲んだら歩くな、歩くなら飲むな」ということで悪しからず
秋の交通安全運動実施中だしね
次回はきっちり歩くぞ!
(ホントかな?)

2018年9月28日 | カテゴリー : 趣味 | 投稿者 : morita

金曜落首くらぶ(お題は「貧すれば」)

 

惨めだなぁ炎上商法新潮社

 

あまりにも慎重さ欠く新潮社

 

(新潮文庫の塩野七生著「ローマ人の物語」全43巻を読み始めたところなのになぁ)

2018年9月21日 | カテゴリー : 落首 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末、ちくわカレーが食べたくなる1本)

「海街diary」(2015年)

 

先月、親戚の結婚式で久しぶりに鎌倉へ行ってきた

 

というわけで、鎌倉が舞台のこの作品

 

幸、佳乃、千佳の三姉妹は、15年前に家を出た父が死亡したという知らせを受ける
父の葬儀で三姉妹は、腹違いの妹すずと出会う
父を失い義母と暮らさなければならなくなったすずに、幸は「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声をかける
そして三姉妹に異母妹のすずを加えた4人の生活が始まる・・・

 

長女に綾瀬はるか、次女に長澤まさみ、三女に夏帆、そして四女に広瀬すずという主演陣に、樹木希林、大竹しのぶ、堤真一、風吹ジュン、リリーフランキーといった豪華な俳優陣が脇を固める豪華な作りとなっている
ざっくり言うと家族の物語なのだが、四姉妹以外の登場人物にもそれぞれエピソードが用意されていて、物語に奥行きを感じることができる
四姉妹が暮らす日本家屋も風情があり、「鎌倉は良いなぁ」と思うこと必至!
なんとなく夏の終わりに観たい映画である

 

おすすめ!

 

ところで、本作品の監督である是枝裕和氏が作った「ゴーイング マイ ホーム」(主演:阿部寛、山口智子)というテレビドラマが好きだった
しかし、同氏の最新作「万引き家族」は観ていない
仕事柄、万引きの映画はちょっと・・・

2018年9月14日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末、「11」が観たくなるかもしれない)

「オーシャンズ8」(公開中)

 

「オーシャンズ11」から始まった「オーシャンズ」シリーズ
最新作の本作は、女性版の「オーシャンズ」

 

ダニーオーシャンの妹デビーは、「普通の生活を送りたい」と刑務官に言い、刑務所を仮釈放になる
しかし彼女は、長い刑務所生活の間に大胆な犯罪を企んでいたのだった
デビーは、計画を実行するため、かつての犯罪仲間やその道のプロフェッショナルたちを集める
そして、ついに計画決行の日を迎え・・・

 

シリーズのテイストを忠実に守っていて
良い意味で「オーシャンズ」的な予定調和を楽しむことができる
裏を返せば、過去の「オーシャンズ」シリーズが苦手の人は、この作品も楽しめないということ(かな?)
まぁお気楽に楽しむ映画といえよう
あまり期待しないで、ね

 

ところで、主演のサンドラブロックによると
本作がヒットしたら続編(オーシャンズ9?)もありうるとのこと
あまり期待しないけど、ね

2018年9月7日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(ABBAは良いよね!)

「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」(公開中)

 

あの伝説のグループABBA(アバ)が、35年ぶりに4人で新曲をレコーディングしたらしい

 

というわけで、そのABBAの曲をもとに作られたミュージカル「マンマ・ミーア!」の映画版の続編である

 

母ドナの夢だったホテルを完成させた娘のソフィ
そのホテルのオープニング直前にソフィは自分が妊娠していることに気づく
「母のドナは、どのようにして自分を産んだのか?」
ソフィは、自分を一人で育てたドナと自分を重ね合わせる
そして、懐かしい人々と再会したソフィが、子の洗礼式で出会ったのは・・・

 

前作から10年ぶりの続編である
前作は既に大人気だった舞台を映画化したものだったが、本作は、完全オリジナル映画である

 

若き日のドナが、どのようにしてサム・ハリー・ビルの3人と出会い、どのようにして一人でソフィを育てるようになったのかという過去の物語と、現在とが交互に描かれるという「ゴッドファーザーPart2」方式でストーリーは進む
この若き日のドナを演じるリリージェームズが素晴らしい!
みずみずしく、躍動感があり、行動的で、まさしく「ダンシング・クィーン」である!
他の登場人物の若き日を演じる役者たちも、「よく見つけてきたなぁ」と感心するほどぴったりで違和感がない

 

ABBAの楽曲の素晴らしさを再認識させ、「最高にハッピーなミュージカル!」に偽りなしのご機嫌な映画である

 

おすすめ!

 

久しぶりに舞台版が観たくなった
劇団四季さん、よろしくお願いします!

 

 

2018年8月31日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(途中で席を立たないでね)

「カメラを止めるな!」(公開中)

 

ニコンが生産をやめていたミラーレスカメラの生産を再開するらしい

 

というわけでこちらは、「デジタルカメラの生産を止めるな」ではなく「映画撮影のカメラを止めるな」という意味の映画(まあ、そんな勘違いは絶対しないけどね)

 

郊外の廃屋でゾンビ映画の撮影があり、異常なほどにリアルな映像を求める監督の指示に戸惑う俳優たち
しかし、そこに本物のゾンビが現れて・・・

 

いろいろな意味で話題になっているこの映画
「事前に何の情報も入れないで観た方が良い」と言われているが、昨今のワイドショーやインターネットニュースを見たりしていると、嫌でも「ネタバレ」に遭遇してしまいかねない
運良く何の情報もなく観ることができれば
「なるほど、うまく作った映画だなぁ」
と感心すること大である
仮に「ネタバレ」を知ってしまっていても、観て損はないかな?
(当然、個人の好みの問題だが)

 

おすすめ!

 

ただ、注意して紹介しているつもりだが、このブログ自体が「ネタバレ」になっていないかがちょっと心配

 

 

2018年8月24日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(高校野球も良いけど、映画もね!)

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(公開中)

 

警察が見つけられなかったのに、たった30分で行方不明児を探し出したスーパーボランティアの尾畠さんはすごいね!

 

というわけで、こちらも「不可能な作戦を完遂する話」だけど作り物の方

 

イーサンハントと彼のチームは、ウラニウムを奪い返すため・・・

 

「ストーリーはどうでも良いよ、とにかくトムクルーズが大暴れ!」
という映画である
スタントを自らこなすトムの暴れっぷりは、確かにすごい!
彼は、この映画のために、ヘリコプターの操縦ライセンスも取得したらしい
どうやら、昨年出演した「バリー・シール/アメリカをはめた男」の撮影事故でヘリコプターの操縦士が亡くなったのだが、「そんなに危ないのなら、他人には任せておけない」ということでライセンスを取ったらしい(という噂)

 

トムクルーズよ、どこへ行く?

 

暑くて何も考えたくない時にはぴったりの映画である
おすすめ!

 

ところで、大失態の大阪府警に提案
富田林署から逃げた男も尾畠さんに探してもらえば?

2018年8月17日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita

金曜みゅーじあむ(夏休みは博物館へ行こう!)

「縄文-1万年の美の鼓動」(開催中)

 

先月「縄文にハマる人々」という映画が公開されるなど、今、「縄文ブーム」なのだという

 

ということで、東京国立博物館で開催中の縄文展を観に行ってきた

 

およそ1万3千年前から約1万年続いた縄文時代
その時代の土器、石器、装身具や土偶などの儀礼道具などが展示されている
実は、大学時代に考古学研究会というサークルに入っていて、同会の「縄文勉強会」に所属していたという経歴を持っているのだが、麻雀ばかりしていて勉強会にはまったく参加していなかったので、縄文については素人同然である(お恥ずかしい限り・・・)
そういった素人でも、火焔型土器の造形の素晴らしさには感嘆する
そう言えば、縄文土器を作るというサークルの行事(きちんと藁を使って焼いたりしていたなぁ)も、サボってアルバイトに行ったことを30年ぶりに思いだした
「参加しておけば良かったなぁ」と思ってみても、後の祭り

 

「縄文展を観に行けば良かったなぁ」と悔いを残さないように
興味のある人は上野へ急げ!
期間は9月2日まで

 

しばし暑さを忘れ、縄文人の美意識を堪能してみてはいかが?

2018年8月10日 | カテゴリー : 趣味 | 投稿者 : morita

金曜シネマ倶楽部(週末は涼しい映画館で過ごしてみてはいかが?)

「ウインド・リバー」(公開中)

 

最近「生命に関わる猛暑」というフレーズをよく耳にする

 

というわけで、こちらは「生命に関わる酷寒」の地が舞台の作品

 

ワイオミング州のウインド・リバーは、いわゆるネイティブアメリカンが暮らしている辺境の地
その雪深い山岳地帯でネイティブアメリカンの少女が遺体で発見される
現場に派遣されたFBI捜査官のジェーンは、慣れない土地と慣れない気候に戸惑い
地元のベテランハンターで、遺体の発見者でもあるコリーに捜査の協力を依頼する
しかし、このコリーは心に大きな傷を負っていた
そして事件の真相が明らかになったとき、コリーは・・・

 

ネイティブアメリカンの保留地がほぼ無法地帯であるという驚愕の事実を描く衝撃作
子を失った親の苦しみが観る者の心に突き刺さり、この映画のテーマは重い
しかし、雄大で厳しい自然とそこに半ば追いやられるようにして生きている人々の姿に心を打たれる
ストーリー展開もうまく、上質なクライムサスペンスという宣伝文句に偽りはない佳作である

 

おすすめ!

 

ところで、本作で孤高のハンターのコリー役を好演しているジェレミーレナーだが、
彼は本日公開の「ミッション:インポッシブル」シリーズでもお馴染みの俳優だ
(最新作には出ていなようだが)
まぁどうでも良いんだけど、「生命に関わるスタント」を自分でこなそうとするトムクルーズのジャッキーチェン化がちょっと心配

2018年8月3日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : morita